迷惑メールおよびウイルス付きメールへの対応

BeToMailサービスでは迷惑メールやウイルス付きメールへの対応として、独自開発のフィルターシステムを運用しておりましたが、専用UTM(統合脅威管理)装置を追加導入して正確性と即効性を強化したアンチスパム、アンチウイルス環境をご提供することができるようになりました。

この機能はすでに全てのお客様に適用されていますが、ご活用いただくためにはお客様側で設定操作が必要となります。問題となるメールが勝手に削除されるわけではなく、振り分けなどでそれらのメールを別の場所に保存(移動・削除)するように設定をお願いいたします。以下にその方法についてご説明いたします。

迷惑メール、ウイルス付きメールの判定結果

POP1,POP2サーバーをご利用のお客様

POP4サーバーをお使いのお客様


 ホームへ戻る